今すぐ審査に通って即日融資を成功させるには

 

急にお金が必要になった時、即日融資は安心で便利なサービスです。お金は大切に使わなければいけないと分かっていても、なかなか貯金できないという現実があります。毎日頑張って働いても、毎月の生活費をやりくりするだけで精一杯という方は少なくないでしょう。特に、年末年始には交際費や交通費が必要になったり、お年玉を用意したりと、何かと出費がかさばるものです。また、一定の年齢に達すると毎月のように結婚式に呼ばれて、ご祝儀貧乏になることもあります。

 

毎月の生活だけならなんとかやってきたけど、突然まとまったお金が必要になった時に、それに対応できるだけの貯蓄がない時はどうすれば良いでしょうか。もちろん、家族にお金を貸してもらうことができれば一番安心です。でも、家族に心配をかけたくない、家族とはいえ迷惑をかけたくない、と遠慮してしまう気持ちにもなるでしょう。

 

そんな時に便利なのが、カードローンです。まだキャッシングやカードローンを利用したことのない方にとって、踏み入れてはいけない領域のような怖いイメージがあるかもしれませんが、実は困った時にすぐに対応してくれる便利なサービスなのです。もちろん、具体的な計画をせずに必要以上に借りれば返済が苦しくなりますが、必要な分だけ借りれば最小限の利息で利用することも可能です。

 

そして、キャッシングやカードローンのメリットは、即日融資ができるということです。

 

即日融資とは、申込んだその日にお金を借りることができるという意味です。

 

ですから、急な出費にすぐに対応できるのです。確実に即日融資を受けるために押さえておきたい、いくつかのポイントがあります。困った時に備えて、まずは即日融資に関わる知識を取り入れておきましょう。

 

どこから借りるか

 

まず、借入先を決めます。即日融資ができるカードローンを扱っている業者は大きく分けてふたつあります。消費者金融と銀行です。消費者金融とは、よくCMで見るようなプロミス・アコム・モビットなどの貸金業者のことです。銀行では普通、教育ローンや住宅ローンなどの長期ローンを扱っていますが、実は小口融資も扱っています。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

普通に考えると、銀行のカードローンの方が安全で安心な感じがしますね。何よりも安心感を大切にするなら、銀行のカードローンを選ぶことができます。ただ、カードローンを利用するためには、まず審査に通らなければいけません。銀行の審査は消費者金融よりも慎重だという話もあります。融通のきいた審査を重視するなら、大手消費者金融を選ぶと良いかもしれませんね。

 

たとえば、プロミスは即日融資ができる人気のカードローンです。通常、どのカードローンに申込んでも、即日融資を受けるためには平日の14時までに契約を完了していることが必要です。でも、プロミスなら14時以降でも自動契約機で借入ができます。しかも、土日祝日でもネット申込後審査に通過すれば、自動契約機で即日融資を受けることも可能です。

 

銀行カードローンの中で人気が高いのが、みずほ銀行カードローンです。

 

銀行ならではの安心感はもちろんのこと、普通預金のキャッシュカードを利用できるという手軽さや、利用額200万円までは収入証明書がいらないという申込の易しさが人気の秘密です。銀行が提供するカードローンでありながら、最短即日で利用可能なので、ぜひ申込んでみましょう。

 

消費者金融のカードローンも、銀行のカードローンもどちらにもメリットがあります。自分に一番合っているものを見つけてくださいね。

 

当サイトでも口コミ評判の良いキャッシング会社を以下に挙げていますので、良かったら参考にしてみてください。

 

一押し!おすすめ「キャッシングランキング」

 

プロミス

プロミスの特徴
  • 30日間無利息サービス
  • 簡単3秒診断
  • 平日14時までにweb契約完了で当日振込も可能
  • 瞬フリで振込キャッシング(三井住友銀行かジャパンネット銀行口座があれば24時間、土日祝日でも口座振り込みが可能)

 

実質年率 4.5%〜17.8%
ご融資額 500万円まで
お申込条件 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

 

モビット

モビットの特徴
  • 10秒簡易審査
  • 電話連絡、郵送物なしのカードレスキャッシング
  • 電話確認なし(以下の条件のご確認を)
  1. 三井住友銀行口座か三菱東京UFJ銀行口座をお持ちの方
  2. 社会保険証か組合保険証の方(国保は対象外)
  3. 収入証明書類を提出できる方
実質年率 3.0%〜18.0%
ご融資額 800万円まで
お申込条件 年齢満20歳〜69歳の定期収入のある方

 

アコムの特徴
  • 当日借入可能でスピーディ
  • クレジットカードが最短即日発行
  • 楽天口座をお持ちなら24時間振込キャッシング
  • 30日間0円サービス(以下の条件のご確認を)
  1. アコムでのご契約がはじめての方
  2. 返済期日「35日ごと」でご契約された方
実質年率 3.0%〜18.0%
ご融資額 800万円まで
お申込条件 20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま

 

 

審査に通るために

即日融資を受けるための大前提は、審査に通ることです。審査に落ちてしまっては、お金を借りることもできません。それで、まずは絶対に審査に通るための対策をしておくことが大切です。急に収入を増やすことはできないとしても、審査で見られるポイントを押さえておくことで、審査を有利に進めることができます。

 

まず一番簡単なことですが、申込書の記入は正確にしましょう。書き終わったら、もしくは入力し終わったら、間違いがないか入念に確認しましょう。特に、収入や他社の借入状況については正直に記入しましょう。収入が少ないと審査に落ちてしまうかもしれないと思って、少し多めに記入したりするのは逆効果です。事実を正確に記入することで、信頼できる人柄であることをアピールできます。

 

申込のタイミングも重要なポイントです。審査で見られるのは、申込者の信頼性と、返済能力です。返済能力についていえば、安定した収入があるかどうかが審査の可否を左右します。収入そのものはもちろんですが、大切なのは「安定した」収入があるかどうか、ということなので、勤続年数は意外と注目されます。それで、転職したばかりの時は勤続年数を伸ばしてから申込むのが良いでしょう。

 

収入に対して希望借入額が大きすぎると、審査が難しくなります。

 

逆に、少額融資なら審査がスムーズに進むでしょう。それで、自分が借りられそうな上限ギリギリではなく、本当に必要な額だけを借り入れることをおすすめします。そうすることで、審査を有利に進めることにつながります。

 

また、すでに他社からの借入がある場合は、まず借入件数を減らすことからはじめましょう。新たに借金をするよりも、無駄な出費を減らす努力をすることで今後の借り入れに備えることができます。

 

安全に利用を続けるために

 

即日融資を受けられるカードローンをお探しの方は、今すぐにお金を必要としていて焦っている場合が多いかもしれません。でも、だからといってむやみに申込むことには危険が伴います。中には、業者としてきちんと登録していない闇金業者も存在しているからです。たとえば、消費者金融や銀行で借入をすれば、万が一トラブルに遭っても法律に基づいた対処ができます。でも、闇金業者に引っかかると、ただ泣きを見る結果になることが予想されるので十分に注意しましょう。

 

カードローンを安全に利用するためには、安定した返済が欠かせません。それで、カードローンの申込をする前に、返済についてもよく計画しましょう。月々いくらにすれば生活を圧迫しないか、返済シミュレーションなどを活用してあらかじめ計算しておきましょう。給料日にまず返済分を取り分けることで、未納や滞納のリスクを防ぐことができます。

 

たとえうっかりでも、返済が滞るとその事実は個人信用情報に記載されることになります。未納や滞納の事実は、数年間消えないといわれています。そうすると、今後の審査に不利に影響します。ですから、支払い期日を必ず守りましょう。業者によっては、支払い期日が近づいた時にメールで教えてくれるサービスを提供しているところもあります。そうしたサービスを利用したり、スケジュール管理することで確実な返済を続けましょう。

 

カードローンは、一度ローンカードを作ってしまえば限度額の範囲内で、何度でも繰り返し利用できます。もしどのカードローンを選べば良いか迷ったら、提携コンビニの多さや自動契約機の設置数などで比べてみても良いかもしれません。旅行で急にお金が足りなくなった時でも、すぐに対応できるようなカードローンを持っておけば安心です。即日融資もでき、長期的に見てもメリットの大きいカードローンを選んで賢い利用をしましょう。

 

即日なおかつお得に借りたいなら

即日融資が受けられるカードローンを調べてみると、意外と多いことに気づきます。消費者金融のカードローン、銀行系のカードローン、主婦や学生でも利用できるもの、たくさんの種類があるので選ぶのに困ってしまうかもしれません。

 

特に、まだカードローンを利用したことのない方は、失敗しないカードローン選びをしたいものですね。それでおすすめなのが、即日融資も可能でしかもお得なカードローンです。

 

新生銀行レイクのカードローンは、はじめての方へのメリットが大きいお得なカードローンです。大手消費者金融の多くが無利息期間を設けていますが、無利息期間が選べるのはレイクだけです!つぎの2つのパターンから、自分に合った無利息サービスを選択できます。

 

30日間無利息

契約額に関わらず、借入額全額が契約後30日間無利息で借りられる。

 

180日間無利息

契約額1〜200万円の方は、借入額のうち5万円分に対して180日間無利息で借りられる。5万円以上の借入でも適用されます。(5万円超過分は通常金利適用)※初回契約翌日から無利息で、無利息期間経過後は通常金利が適用されます。

 

お給料日まで短期間だけお金が足りないという方や、冠婚葬祭で急な出費が必要という方など、次の給料日にすぐに返済できる場合は無利息サービスの利用が絶対おすすめです。無利息期間中に全額返済できれば、利息が0円で済みます!しかも、少額融資であれば審査に通る確率が高いので、即日融資もクリアできるかもしれませんね。

 

さらに、新生銀行レイクのカードローンなら、全国のゆうちょ銀行や提携コンビニなどのATMが手数料無料で利用できます!一度の手数料は小さくても、手数料が重なるとけっこうな金額になります。借入や返済の時に手数料がかからないのは、利用者にとって大助かりですね。

 

返済をうっかり忘れないように、返済日をメールで知らせてくれるサービスもあります。このようにレイクは、初心者にやさしく、即日融資もできるお得なカードローンです。

 

即日でお金を借りるのに重要なのは審査時間

 

金融機関でお金を借りるうえで、最も時間が読めないのは審査時間です。キャッシングの申込をする方は、「急いでお金を借りたい」「どうしても今日中に借りたい」「出来るだけ早く借りたい」などというように、多少の差はあってもそのほとんどの方が急いでお金を借りたい方かと思います。

 

審査だって、不安をかかえながら何日も過ごすより、出来ればさっと手続きをすませてぱっと審査結果が出て欲しいですよね。しかし、審査にどのくらいの時間がかかるかは、審査を受けてみないことにはわからないところがあります。なぜそうなってしまうのか、審査は個人の属性や信用情報、申込み内容や状況などさまざまな要因によって時間がかかる可能性があります。そのため、審査に早く通過するためには、できるだけ審査時間の早いキャッシングを選ぶ必要があるのです。

 

特に、即日でお金を借りたい方の場合には、その日中に申込をして審査に通り、その後契約をして融資を受けなくてはなりません。融資は24時間いつでも対応というわけにはいかないので、その後の時間のことを考えますとできるだけ審査に早く通過することが重要となってきます。

 

どのくらい時間がかかる?審査の平均時間

審査に早く通過することが重要、といっても、審査にかかる最短時間は各社でも異なります。ただし、銀行や消費者金融など、金融機関の種類によって最短審査時間は同じような傾向が見られます。

 

各金融機関の種類ごとに、それぞれ平均してどのくらいの時間がかかる傾向があるのか、みていきましょう。

 

消費者金融系キャッシング

審査の早さがダントツに早いのは消費者金融系キャッシングです。消費者金融と言っても、大手から中小までありますが、なかでも審査スピードに優れているのは大手消費者金融です。

 

大手消費者金融の審査時間は最短30分。特に、パソコンやスマホなどネットからの申込の場合、コンピューターによる自動審査がはじめに行われるため、このような非常にスピーディーな審査時間を実現することができます。土日祝日でも審査可能なところもあります。

 

銀行カードローン

キャッシング・カードローン系で審査時間がかかる傾向があるのは銀行カードローンです。銀行カードローンでも即日融資可能・最短即日審査というカードローンは少なくないのですが、実際のところはクチコミをみますと、即日可能なところでも2〜3営業日程度かかるケースも多いようです。

 

また、いまだに審査回答まで1週間など時間がかかるカードローンもあります。このように、銀行カードローンの場合、審査時間の平均は即日〜1週間程度と銀行によってかなりの違いがあるようです。利用の際には最短審査時間を確認すること、そして必ずクチコミで審査時間の傾向を確認するようにしましょう。

 

信販系キャッシング
信販系キャッシングは、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用しての借入のことです。

 

こちらはキャッシング機能自体が付帯機能ですし、即日で審査結果が出るということはまずないと思っておいていいです。最短でも1日〜1週間程度はかかると思っておいていいでしょう。

 

ただし、既にキャッシング枠付きのクレジットカードを持っているという場合には、既に審査が済んでいますので審査なしですぐキャッシングが可能です。

 

なぜ審査に時間がかかるのか?その理由は?

キャッシングの審査というのはそもそもどのような点に重点を置いているのかといいますと、「貸したお金をきちんと返してくれる返済能力があるかどうか」についてをさまざまな視点から審査し、融資の可否を判断していきます。審査が最短で終わる方というのは、審査結果に何も問題がないと判断された方、そして、逆に明らかに融資ができないと判断された方です。

 

  • 信用情報に延滞などのネガティブな情報がない
  • キャッシングやクレジットの利用履歴が直近にあったとしても支払いに遅れや不足がない
  • 信用情報がブラックの状態
  • 短期間に複数社に立て続けに申込をしている
  • 借入件数が多すぎる

 

では、審査に時間がかかるのはどういったケースなのか?それは、融資をしても良いかどうか、またいくら融資をしたらよいのか判断に迷うケースです。すぐに融資をしてよいか迷うため、慎重に審査を行います。

 

  • 借入希望額が大きい
  • 貸付は可能だが他社での返済の遅れが少しある、若干申し込み件数が多いなど気になる点がある
  • クレジットもキャッシングも何も利用履歴のない、信用情報がホワイトの場合

 

消費者金融など貸金業者の場合、総量規制により50万円を超える貸付(または複数社合わせて100万円を超える貸付)になると収入証明書の提出が義務づけられています。収入証明書も審査に加えながら、大きな額の融資をしても大丈夫かどうかを慎重に審査していきます。また、貸付は可能なものの判断が難しい方の場合には、いくらまでなら融資をしてもよいかじっくりと審査を行います。

 

多くの方が意外と思われるのは、おそらく「今までに利用履歴のないホワイトの方」の場合でしょう。まったく利用したことがないのであれば、当然他社借入件数もないわけですし返済の遅れもありません。

 

むしろスムーズに審査に通りそうなものですが、まったく信用情報に記録のない方というのは、本当にまったく利用したことのない方か、もしくは一度自己破産など債務整理を行った方の可能性も考えられます。

 

信用情報には情報の保有期間がそれぞれ決められていますが、保有期間を過ぎれば記録されている情報は消えます。そうしたリスクがあるのかも、ということで、審査に時間がかかる可能性があるのです。

 

銀行カードローンの審査が消費者金融の審査と違う点

銀行カードローンは消費者金融の審査と比べてなぜ時間がかかる傾向があるのでしょうか。確かに、銀行カードローンのほうが低金利ですから、審査を慎重に行って融資可能な人物かどうかを厳選していく必要はあります。

 

しかし、銀行カードローンの審査と消費者金融の審査とでは、決定的に違う点があります。それは、保証会社の審査が入る点です。

 

銀行カードローンの利用条件には、「当社指定の保証会社の保証を受けられる方」といった文言がはいっています。銀行カードローンの審査の場合には、銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査を通らなければならないのです。このような理由から、銀行カードローンの審査には時間がかかりやすい仕組みになっているのです。

 

審査時間が早いのは、やはり大手消費者金融

以上のようなことから考えますと、やはり審査を早く通過してお金を借りられるのは大手消費者金融だと言えるでしょう。もちろん、大手消費者金融を利用すれば必ず早く借りられるというわけではありませんが、少なくとも他のキャッシングを利用するよりも審査時間が早い可能性は高くなります。

 

大手消費者金融でしたらまた、審査時間が早いだけでなく、インターネットで来店不要の即日融資も可能ですので借入までがスムーズですし、自動契約機で即日カード発行も可能なので、急いで借りたい方も時間をかけずにぱっと借りたい方にもおすすめです。

 

キャッシング審査はどうやって行われるの?

キャッシングを利用するにあたり、まず多くの方が心配なのは「審査に通るかどうか」という点ですよね。具体的な審査基準が公表されているわけではありませんから、実際のところ審査に通るかどうかは申込をしてみないことにはわかりません。

 

しかし、キャッシング審査がどういったものなのか内容を把握することで、少しでも審査に通りやすくする、または審査に通りやすいところを選ぶことができるかもしれません。

 

では、キャッシングの審査ではどのようにして融資可・不可を判断しているのでしょうか?

 

キャッシングの審査で確認することはこの3つ

キャッシングの審査は各社により審査に関する基準や条件が違ってはいますが、基本的には以下の3つの事柄について確認をし、融資の可否や利用限度枠を決定しています。

 

  1. 属性審査(スコアリング)
  2. 信用情報(クレジットヒストリー)
  3. 事実確認

 

属性

まず、属性審査というのは年収や勤務先、家族構成など個人の情報を元に申込者に融資が可能か、また行くらまでなら融資をしていいかということを審査するものです。

 

過去の膨大な融資の実績から、どういった人がきちんと返済をしてくれていたか、また逆にどういった人が返済が滞る傾向にあったかといった統計情報を導きだして審査基準とし、申込情報を元に点数化して審査していきます。即日融資で非常にスピーディーな審査が行われるのは、確立された審査基準によってコンピューターによる自動審査をしているからなのです。

 

信用情報

信用情報とはキャッシングやクレジットカードなどの取引履歴のことで、これらは全て個人信用情報機関に一定期間保有されています。
ローンやキャッシング申込の際には必ず個人信用情報機関に返済の遅れや延滞、債務整理などがないか、取引履歴の確認を行います。登録される信用情報は実に詳細で、例えば返済状況では残債額、入金額、入金履歴、延滞の有無、完済履歴など全ての情報が事細かに保有されています。

 

事実確認

申込の際に事実を申告することはもちろん大前提ではありますが、申告した勤務先や住所が事実であるかどうかの事実確認を行うことも審査の一環です。必ず提出が必要となる本人確認書類では名前や住所、生年月日などにより本人であることを確認します。

 

また在籍確認では勤務先に電話をすることで、申告した勤務先に本当に勤めているのかどうか?確認を行います。

 

キャッシング審査の注意点

このように、キャッシング審査は何重もの情報により融資の可否を審査していきます。キャッシングは基本的に、無担保・保証人なしの融資です。しっかり慎重に審査を行っていかなければ、キャッシング会社側も貸したお金を回収できなくなり利益を損なうこととなってしまいます。

 

こちらも申込の際には申告内容に間違いがないよう慎重に入力をし、くれぐれも虚偽の申告などないよう、正確に申込を行いましょう。

 

必要書類を用意して即日融資に備えよう

消費者金融や銀行のカードローンの利便性は、利用者の増加に伴い、年々良くなっています。

 

ネットでいつでもどこでも申込めるだけでなく、コンビニATMでの借入返済ができるなど、忙しい現代社会にマッチしたサービスが展開されています。

 

また、
審査スピードの速さを売りにしている業者も増えているため、即日融資を受けることはそれほど難しくなくなりました。ネットで申込んでから自動契約機でカードを受け取る方法が確実、といった情報も入ってきています。

 

このように、せっかく即日融資を受けられる条件が整っていても、もし申込者側の準備が整っていなかったら、即日融資を受けられるチャンスを逃してしまうかもしれませんね。ですから、申込前に必要書類を手元にそろえておく事が大切です。カードローン申込時に必要な書類といえば、まず本人確認書類です。

 

本人確認書類としては、下記の書類のうちひとつを提出できます。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 外国の方の場合、特別永住者証明書または外国人登録証明書など

 

50万円以下の借入なら、基本的には本人確認書類のみで借りられるカードローンが多いようです。銀行のカードローンは収入証明書なしで借りられる幅が広いので、書類を用意する時間がない方におすすめです。

 

消費者金融のカードローンの場合、借入が50万円を超える場合と、複数社での借入合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要と、法律によって定められています。

 

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近2ヵ月や賞与明細など、提出の範囲は業者によって異なります)

 

収入証明書の中には、会社にお願いして用意してもらう必要のあるものもあります。書類の準備に時間がかかる場合もあるので、即日融資を希望している場合、この収入証明書を用意できるかどうかがカギになるかもしれません。あらかじめ必要書類を用意して、即日融資に備えておきましょう。

 

在籍確認なしのキャッシング審査は可能?

キャッシングでお金を借りるためには、審査の一環で在籍確認にパスしなければなりません。

 

しかし、在籍確認は自分の勤務先にキャッシング会社が直接電話をかけるというもの。もし電話がかかってきたときに周囲の人にキャッシングしようとしていることがバレてしまったら…と思うと不安ですよね。できれば在籍確認なしでお金を借りたい!でも、在籍確認無しのキャッシングというのは可能なのでしょうか?

 

在籍確認無し・はあり得ない

そもそも在籍確認というのは、審査の一環であり、申込書で申告した勤務先に本当に勤めているのかどうかを確認する審査項目です。申告した内容が事実かどうか、その裏付けをとる、つまり書類通りの返済能力がきちんとあるかの裏付けをとる重要な審査なのです。

 

キャッシング会社は返済能力のない方にお金を貸してしまいますともしも返済に行き詰まるなどして回収が出来なかった場合に赤字になってしまいます。ですから、在籍確認無し、というのはあり得ないのです。

 

在籍確認はどうやって行われる?

在籍確認は、基本的にキャッシング会社名ではなく個人名で電話をかけてきます。

 

「○○と申しますが△△様はいらっしゃいますか?」

 

といった具合です。

 

ここで、電話に出た方が

 

「申し訳ございません、△△はただいま席を外しております」

 

と言えば、在籍確認は終了です。

 

スムーズにいけば1分もかかりません。

 

しかし、普段自分宛の電話がかかってこない方や個人名での電話がかかってくることが無いような方ですと、逆にこうした電話が怪しまれてしまう可能性もあるかも…と考えてしまうかもしれません。もしもそうした場合でしたら、逆に同僚の方に自分宛の電話が今日かかってくるということを伝えておくというのも一つの手です。

 

例えば、「クレジットカードを作ったので今日カード会社から自分宛に電話がかかってきますので…」と伝えておけば、かかってきても不自然なことはありませんよね?

 

どうしても在籍確認を避けたい!という方は…

しかし、どうしても在籍確認は不安だから避けたい!というのであれば、在籍確認を電話以外の方法で行ってくれるキャッシング会社を選択するといいでしょう。一部の会社では、給料明細など勤務先を確認できる書類の提出で在籍確認を行っています。

 

例えばモビットのWEB完結申込です。こちらは、申込手続きもその後の利用も、全てがネット上で完結するシステムになっているキャッシングで、電話連絡なし・郵送物なしがウリとなっています。

 

また、クチコミではプロミスも相談によっては在籍確認を書面で行ってくれるといいます。ただしこちらは公式サイトの情報ではありませんので、事前に電話にて確認をとってみるといいでしょう。

 

もし、キャッシング審査に通らなかったら?

キャッシング審査に通らなかったら、どうしたらいいのでしょうか。借りられるつもりでいたのに審査落ちしてしまったら、焦って「早く他のところに申し込まなきゃ!」と思ってしまうかもしれません。しかし、いくら各社の審査基準に違いがあるとはいえ、焦って申込をしてもまた同じ理由により審査に落ちてしまうかもしれませんよね?

 

まずはなぜ審査に落ちてしまったのか考え、対策をとることが大切です!

 

審査に落ちてしまった理由は?

審査に落ちてしまう理由は人それぞれで違いがありますが、考えられるものとしていくつかを挙げることができます。以下の審査落ちしてしまう理由に自分で心当たりはないか?確認しましょう。

 

  • 借入件数が4件以上ある
  • 総量規制を超える希望額である
  • 過去に返済の滞納がある
  • 短期間に複数の業者に立て続けに申込をしている
  • 債務整理や代位弁済をしたことがある
  • 勤続年数が半年未満など短すぎる
  • 審査が厳しいところに申込をしている

 

どのような対策をとればいい?

借入件数がNGであれば、おまとめローンで一本化してしまう、また利用枠に空きのあるところから借り入れしてでも残債の少ないものを完済してしまうなどとにかく借入件数を3件以内におさめることです。

 

また、信用情報に履歴があるために審査に通らないものに関しては、その信用情報の保有期間が終わるまでは同じ状況が続く可能性が高いです。特に、債務整理や代位弁済がある場合、それだけで審査に通らなくなってしまいます。信用情報の保有期間は情報の種類によって異なりますので、しっかり確認したいのであれば、一度個人信用情報機関で自分の信用情報の開示請求をしてみるといいでしょう。

 

勤続年数は急には長くなるものではありませんが、もしももう少しで1年、もう少しで半年といった状況でしたら、少し待ってから申込をすると審査に有利に働きます。また、とにかく低金利なところを利用したいからと低金利な銀行カードローンを選びたいのはわかりますが、低金利なところというのは反面、審査がその分厳しくなるデメリットがあります。

 

もしも審査に通りたいのであれば、次に申込をするところはもう少し審査の厳しくない大手の消費者金融などでもいいかもしれません。

 

キャッシング審査で利用目的は関係ある?

キャッシングやカードローンは借りたお金の資金使途が自由というのが特徴のフリーローンです。住宅ローンや車のローンなどは、資金使途がその目的の為だけに使用されるようになっていますが、キャッシングやカードローンは基本的に使い道自由のため、(※事業制資金には使えないことが多い)何に使ってもよいことになっています。

 

でも、審査の面ではどうなのでしょうか?キャッシング申込のフォーマットには、個人の情報などの他、資金の使い道について記入するところがあります。やはり何に使ってもいいといっても、審査には影響があるのでしょうか?

 

実は、「何に使うか」によって借りたお金を返せなくなる、いわゆる貸し倒れの確率には違いがあるという事実があります。確かに、ギャンブルに使用する、という方と教育資金に使用する、という方でしたら、どちらのほうが貸し倒れ率が高いかはなんとなくわかりますよね。

 

例えば自分だったらどちらにならお金を貸してもよいか?ということと同じです。ではどういった利用目的が審査に通りやすいのか。これはやはり教育資金や冠婚葬祭、あとは海外旅行費やショッピングなどのレジャーといったものも意外ですが審査に通りやすいようです。レジャーは余裕があるからこそするもので、一括では払えないものの分割で借りたら全然返済していける、と考えられるからです。

 

では生活費についてはどうでしょうか。あと給料日まで1週間のりきりたい…などというように、生活費のためにお金を借りる方も多そうですが、これは通りやすい理由にはならずむしろマイナスに働く可能性があります

 

なぜなのかといいますと、生活費が足りないということは、イコール生活費すら支払えない状態だということです。一過性の資金不足であればいいですが、慢性的に生活費に困窮している方の場合、お金を貸したとしてもきちんと返していけるのか…と考えられてしまうからです。事実、やはり生活費を目的とした借り入れの方は貸し倒れ率が他と比べて高い傾向があります。

 

このように、利用目的も審査にはなんらかの影響があります。「使い道は自由なんだから理由は何でもいいか」などと適当に書いてしまわずに、利用目的はしっかりと記載しましょう。

 

土日祝日でも即日融資を受けられる?

即日融資を確実に受けるためには、平日の14時までに契約を完了しているのがベストです。なぜなら、融資は借主と貸主だけで成立するわけではないからです。審査の時には在籍確認が行われるので、勤務先に電話連絡が入ります。

 

たとえば勤務先が休みだったら審査が進みません。審査に通ったら振込がされます。でも、もし銀行の営業時間外や休業日に申込が終わっていたとしても振込を受けることができません。それで、夕方遅い時間や土日祝日でも融資を受けられるサービスがあるかどうかは、利用者にとって重要なポイントです。

 

プロミスのカードローンは、こうした不安に応えてくれる人気のカードローン

当日振込を受けるためには平日の14時までにWEB契約を完了していることが理想的ですが、もし14時を過ぎてしまっていても、審査通過後に自動契約機を利用することで借入も可能です。さらに、あらかじめネットで申込んであれば土日祝日でも自動契約機で借入が可能です。プロミス自動契約機の営業時間は、午前9時から午後10時までです。(一部午後9時までの契約機もあります)

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、「瞬フリ」サービスを受けることができます。

 

「瞬フリ」とは振込キャッシングのことで、条件を満たしていれば24時間最短10秒で振込も可能です。この方法なら時間や曜日に関係なく、スピーディーに振込を受けることができます。

 

プロミスなら最短即日融資が受けられるだけでなく、プロミスを初めて利用する方に限り「30日間無利息」で借りることができます。(無利息サービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

 

利用者の生活リズムに合わせたサービスを提供しているプロミスのカードローンの利用がおすすめです!

 

専業主婦でも即日融資可能なカードローン

カードローンに申込むための基本条件として、「20歳以上で毎月安定した収入がある」ということが挙げられます。どのカードローンに申込もうとしても条件はだいたい同じなので、無職の方は申込む前の時点で条件を満たしていないことになってしまいます。

 

でも、収入のない専業主婦でもお金が必要なことがあります。専業主婦でも借りられるカードローンがあれば助かる!という切実な声もあることでしょう。

 

そんな声に応えたのが、スルガ銀行カードローンです。収入0円の専業主婦でも、申込できます!しかも、申込当日に指定の銀行口座に振り込みを受けることが可能です!(当日融資は、12時までに契約手続きが完了し、当日融資の手続きをされた方が対象です。また、振込先の口座は、本人名義の口座に限ります)

 

専業主婦でも利用でき、しかもスピード融資を受けられるだけでなく、銀行のカードローンという安心感も得られるおすすめのカードローンです。

 

銀行のカードローンだから、書類の用意が大変なのではないか、と心配される方もいるかもしれませんね。スルガ銀行カードローンなら、申込金額が500万円未満の場合は収入証明書が必要ありません

 

申込はWebで必要事項を入力し、本人確認資料をスマホや携帯でアップロードするだけでOK!簡単で時間もかかりません。毎月の返済額は、3000円から設定できるので、無理なく自分のペースで返済を続けることができます。

 

でも、毎月の返済額が少ないと、最終的に利息が高くなってしまうことを心配するかもしれません。そんな方は、臨時返済を利用して賢い返済をしましょう。まとまったお金がある時だけ、いつもより多く返済するのが臨時返済です。いつもは少額の返済を続け、余裕がある時には多めに返済する、という方法なら生活を圧迫されることなく、カードローンを利用できます。

 

スピーディーなおかつ専業主婦にやさしい、スルガ銀行カードローンをぜひ利用してみましょう!