即日でお金を借りるのに重要なのは審査時間

金融機関でお金を借りるうえで、最も時間が読めないのは審査時間です。
キャッシングの申込をする方は、「急いでお金を借りたい」「どうしても今日中に借りたい」「出来るだけ早く借りたい」などというように、多少の差はあってもそのほとんどの方が急いでお金を借りたい方かと思います。

 

審査だって、不安をかかえながら何日も過ごすより、出来ればさっと手続きをすませてぱっと審査結果が出て欲しいですよね。
しかし、審査にどのくらいの時間がかかるかは、審査を受けてみないことにはわからないところがあります。

 

なぜそうなってしまうのか、審査は個人の属性や信用情報、申込み内容や状況などさまざまな要因によって時間がかかる可能性があります。
そのため、審査に早く通過するためには、できるだけ審査時間の早いキャッシングを選ぶ必要があるのです。

 

特に、即日でお金を借りたい方の場合には、その日中に申込をして審査に通り、その後契約をして融資を受けなくてはなりません。
融資は24時間いつでも対応というわけにはいかないので、その後の時間のことを考えますとできるだけ審査に早く通過することが重要となってきます。

 

どのくらい時間がかかる?審査の平均時間

審査に早く通過することが重要、といっても、審査にかかる最短時間は各社でも異なります。
ただし、銀行や消費者金融など、金融機関の種類によって最短審査時間は同じような傾向が見られます。

 

各金融機関の種類ごとに、それぞれ平均してどのくらいの時間がかかる傾向があるのか、みていきましょう。

 

消費者金融系キャッシング

審査の早さがダントツに早いのは消費者金融系キャッシングです。
消費者金融と言っても、大手から中小までありますが、なかでも審査スピードに優れているのは大手消費者金融です。

 

大手消費者金融の審査時間は最短30分。
特に、パソコンやスマホなどネットからの申込の場合、コンピューターによる自動審査がはじめに行われるため、このような非常にスピーディーな審査時間を実現することができます。
土日祝日でも審査可能なところもあります。

 

銀行カードローン

キャッシング・カードローン系で審査時間がかかる傾向があるのは銀行カードローンです。
銀行カードローンでも即日融資可能・最短即日審査というカードローンは少なくないのですが、実際のところはクチコミをみますと、即日可能なところでも2〜3営業日程度かかるケースも多いようです。

 

また、いまだに審査回答まで1週間など時間がかかるカードローンもあります。このように、銀行カードローンの場合、審査時間の平均は即日〜1週間程度と銀行によってかなりの違いがあるようです。
利用の際には最短審査時間を確認すること、そして必ずクチコミで審査時間の傾向を確認するようにしましょう。

 

信販系キャッシング

信販系キャッシングは、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用しての借入のことです。
こちらはキャッシング機能自体が付帯機能ですし、即日で審査結果が出るということはまずないと思っておいていいです。

 

最短でも1日〜1週間程度はかかると思っておいていいでしょう。

ただし、既にキャッシング枠付きのクレジットカードを持っているという場合には、既に審査が済んでいますので審査なしですぐキャッシングが可能です。

 

なぜ審査に時間がかかるのか?その理由は?

キャッシングの審査というのはそもそもどのような点に重点を置いているのかといいますと、「貸したお金をきちんと返してくれる返済能力があるかどうか」についてをさまざまな視点から審査し、融資の可否を判断していきます。
審査が最短で終わる方というのは、審査結果に何も問題がないと判断された方、そして、逆に明らかに融資ができないと判断された方です。

 

  • 信用情報に延滞などのネガティブな情報がない
  • キャッシングやクレジットの利用履歴が直近にあったとしても支払いに遅れや不足がない
  • 信用情報がブラックの状態
  • 短期間に複数社に立て続けに申込をしている
  • 借入件数が多すぎる

 

では、審査に時間がかかるのはどういったケースなのか?
それは、融資をしても良いかどうか、またいくら融資をしたらよいのか判断に迷うケースです。

 

すぐに融資をしてよいか迷うため、慎重に審査を行います。

 

  • 借入希望額が大きい
  • 貸付は可能だが他社での返済の遅れが少しある、若干申し込み件数が多いなど気になる点がある
  • クレジットもキャッシングも何も利用履歴のない、信用情報がホワイトの場合

 

消費者金融など貸金業者の場合、総量規制により50万円を超える貸付(または複数社合わせて100万円を超える貸付)になると収入証明書の提出が義務づけられています。
収入証明書も審査に加えながら、大きな額の融資をしても大丈夫かどうかを慎重に審査していきます。

 

また、貸付は可能なものの判断が難しい方の場合には、いくらまでなら融資をしてもよいかじっくりと審査を行います。

 

多くの方が意外と思われるのは、おそらく「今までに利用履歴のないホワイトの方」の場合でしょう。
まったく利用したことがないのであれば、当然他社借入件数もないわけですし返済の遅れもありません。

 

むしろスムーズに審査に通りそうなものですが、まったく信用情報に記録のない方というのは、本当にまったく利用したことのない方か、もしくは一度自己破産など債務整理を行った方の可能性も考えられます。
信用情報には情報の保有期間がそれぞれ決められていますが、保有期間を過ぎれば記録されている情報は消えます。

 

そうしたリスクがあるのかも、ということで、審査に時間がかかる可能性があるのです。

 

銀行カードローンの審査が消費者金融の審査と違う点

銀行カードローンは消費者金融の審査と比べてなぜ時間がかかる傾向があるのでしょうか。
確かに、銀行カードローンのほうが低金利ですから、審査を慎重に行って融資可能な人物かどうかを厳選していく必要はあります。

 

しかし、銀行カードローンの審査と消費者金融の審査とでは、決定的に違う点があります。
それは、保証会社の審査が入る点です。

 

銀行カードローンの利用条件には、「当社指定の保証会社の保証を受けられる方」といった文言がはいっています。
銀行カードローンの審査の場合には、銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査を通らなければならないのです。

 

このような理由から、銀行カードローンの審査には時間がかかりやすい仕組みになっているのです。

 

審査時間が早いのは、やはり大手消費者金融

以上のようなことから考えますと、やはり審査を早く通過してお金を借りられるのは大手消費者金融だと言えるでしょう。
もちろん、大手消費者金融を利用すれば必ず早く借りられるというわけではありませんが、少なくとも他のキャッシングを利用するよりも審査時間が早い可能性は高くなります。

 

大手消費者金融でしたらまた、審査時間が早いだけでなく、インターネットで来店不要の即日融資も可能ですので借入までがスムーズですし、自動契約機で即日カード発行も可能なので、急いで借りたい方も時間をかけずにぱっと借りたい方にもおすすめです。